プエラリア 副作用 バストアップサプリ

MENU

ある2つのポイントを知らなければプエラリアは副作用が・・・

「プエラリア配合のサプリには副作用がある。」

 

こうした情報は半分は正しい情報ですが、もう半分は不正解です。なぜなら、プエラリアの成分や働きなどの特徴を理解していれば副作用を避けることができるからです。

 

プエラリア配合のサプリを飲む上で注意しなければいけないポイントは以下の2点です。

 

  • プエラリア配合のサプリを飲む量
  • プエラリア配合のサプリを飲む時期

 

上記の2点を意識しなければプエラリア配合のサプリはバストアップに効果がなくなるばかりではなく、健康的な被害がでることも少なくありません。

 

そのため、バストアップサプリやプエラリア配合のサプリを飲んでバストアップに成功している多くの女性はこうした飲む時期と量をしっかりと理解して守っているのです。

 

プエラリアの正しい用法用量とは?

 

プエラリア配合のサプリは用法用量(飲む時期と飲む量)を間違えると以下のような副作用がでる場合があります。

 

  • 乳がん。
  • 生理不順。
  • 月経前症候群(PMS)。
  • 更年期障害の早期化。

 

これらの症状はプエラリア配合のサプリの副作用の一種だといわれていますが、どれも根本的な原因は1つです。

 

それが女性ホルモンバランスの乱れです。

 

本来は体内から分泌される女性ホルモンのエストロゲン。これは女性の月経周期によってバランスが保たれています。つまり一定の周期があるのです。月経前の黄体期には女性ホルモンでもプロゲステロンが優位に分泌されます。それは月経にプロゲステロンが必要になるからです。そして月経後にはエストロゲンが優位になる卵胞期がきます。この時期は女性でも胸にハリがでてきたり、お肌が潤いとツヤを取り戻します。

 

 

つまり、女性ホルモンのプロゲステロンやエストロゲンは月経周期によってバランスよく分泌されているのです。

 

 

そこで重要になってくるのが女性ホルモンのバランスを保つためのプエラリアの用法(飲む時期)です。こうしたバランスの保たれた状態にエストロゲンに似た作用をもたらすプエラリア配合のサプリを常に飲み続けると女性ホルモンのバランスが乱れます。特にプロゲステロンの役割が重要になる黄体期にプエラリアを摂取し続けると、乳がんや生理不順を発症してしまう可能性が高まります。

 

 

さらにもう1つ大切なことはプエラリアの過剰摂取(飲む量)です。成長期は本来、エストロゲンも正常に分泌されます。そうした時期に必要以上のプエラリアを飲みすぎると女性ホルモンのバランスが乱れて更年期障害の早期化や月経前症候群を若くして発症してしまう可能性が高まります。

 

 

こうした状況を避けるためにもプエラリア配合のサプリの用法用量をしっかりと知っておかなければならないのです。

 

絶対厳守!プエラリア配合サプリの用法用量(飲む時期&飲む量)

  • プエラリア配合のサプリは生理前(黄体期)に飲んではいけない。

⇒黄体期に優位になるプロゲステロンの役割が果たせなくなり、乳がんや生理不順の危険性が高まってしまう。

 

  • プエラリア配合のサプリを過剰摂取(飲む量)をしてはいけない。

⇒必要以上にエストロゲンに似た作用を体内にもたらすと女性ホルモンのバランスが乱れることで、若くして更年期障害の早期化や月経前症候群を発症してしまう可能性が高まる。

 

 

この他に注意しなければならないことは成長期を過ぎても胸が小さいままの女性や加齢によって胸が小さくなってハリがなくなってしまった女性などはすでに女性ホルモンのバランスが乱れてしまっているということです。

 

こうした状況の場合は生理後にエストロゲンが優位になる卵胞期に必要なエストロゲンが分泌されていません。

 

そのため、バランスを保つためにもエストロゲンに似た作用のあるプエラリアをサプリとして摂取することで遺伝や年齢に関係なく胸のサイズを大きく美しくすることが可能になります。

 

 

そして、その際は各売れ筋サプリに配合されているプエラリアの配合量をチェックするようにしましょう。これはサプリを飲む時の年齢やバストのカップ数によって最適な量のプエラリアを摂取するためです。そして、最適な量のプエラリアを効率よく摂取することができれば、副作用がなく、自分の理想としているバストを実現することができようになります!