20代 30代 女性ホルモン 病気

MENU

25歳〜40歳の時期の女性ホルモンはどんな状態?

 

 

「まだまだ若い!だから大丈夫です。」

 

 

この年代のほとんどの女性が病気もせず、エネルギーに満ち溢れてイキイキと毎日を過ごしています。

 

これはこの年代の女性の女性ホルモンの分泌バランスが絶好調にあり、まさに成熟期の恩恵を受けているためです。

 

そのため、20代後半から30代の女性は大人の女性として最も輝ける年代と言われています。

 

しかしそれと同時に女性としての人生経験も豊富になり、精神的にも身体的にも自信過剰に陥りがちです。

 

そしてこうした女性としての自信が良い方に向けば素晴らしいのですが、健康問題、特に女性ホルモンに関する病には最も油断ができない年代でもあるのです。

 

 

特にこの時期に出産や育児を経験した女性は注意が必要です。この時期は女性ホルモンが成熟期になり分泌がピークに達している反面、年齢を重ねるにつれて徐々に女性ホルモンの分泌が下降線をたどることでこれまで味わったことのない症状が出始める時期なのです。

 

そして、出産後はその傾向が顕著になります。なぜなら、女性ホルモンの分泌量が急激に減少するだけでなく、バランスが乱れがちになるからです。

 

25歳〜40歳の時期に出る女性ホルモンが原因の症状とは?

 

女性ホルモンの分泌は最高潮に達し、まさに女性として精神と肉体が絶好調な時期ですが、責任のある仕事によるストレス、はじめての出産&育児などこれまで経験してこなかったライフイベントによる女性ホルモンのバランスの乱れには油断できない時期です。

 

そしてこの最高潮にある女性ホルモンの分泌が乱れることでさまざまな不調が身体の内面や外見にあらわれてきます。

 

 

  • 理由のわからない体重の増加。
  • 肌のこまかいシミやシワ。
  • ほうれい線の出現。
  • 生理の乱れ。
  • 不眠になりやすい。
  • むくみやたるみ。

 

 

こうした外見の症状だけでなく、内面にも女性ホルモン分泌の乱れは影響してきます。

 

 

  • 気分が落ち込みやすくなる。
  • 突発的なやる気や意欲の低下。
  • ささいなことにもイライラしやすくなる。
  • 朝の倦怠感。

 

 

これらは最高潮にある女性ホルモンが何らかの原因(ストレスや不眠など)で乱れてしまったときにでやすい症状です。※こうした症状がある場合はバストアップにも少なからず影響してきます。

 

さらに、このような症状だけでなく定期的な検診を受診せずにいると取返しのつかない病に発展してしまう場合があるので注意が必要です。

 

25〜40歳の間に罹りやすい女性ホルモンによる病気とは?

 

  • 子宮筋腫

 

20代後半から増え始めて、30代そして40代では3人に1人がなると言われている婦人科で最も罹りやすい病気が子宮筋腫です。

 

子宮筋腫は子宮の筋肉がエストロゲンの影響で増殖し、こぶ状になった良性腫瘍のことを言います。がん化してしまったり、周囲の組織を攻撃することはないのですが、油断していてはいけません。

 

これは子宮筋腫ができた場所によっては過多月経、貧血、生理痛を悪化させることや不妊の原因になってしまうことがあるからです。そして自覚症状がない場合がほとんどですが、お腹がポッコリとでてしまうなど大きくなる場合もあるのでその際はすぐに治療が必要となります。

 

主に子宮筋腫はこの時期の女性の女性ホルモン状態(エストロゲンの分泌が絶好調)でエストロゲンが過多になることで発症するといわれているため、それらをうまく調整してくれる天然ハーブ・ブラックコホシュやチェストツリーなどを摂り入れることでうまく予防することができます。

 

 

  • 子宮頸がん

 

20代から増えると言われ、子宮の入口にできるがんです。子宮頸がんは性交渉による高リスクHPV(ヒトパピローマウィルス)が感染しておこる100%ウィルス性のがんです。

 

HPVは1度でも性交渉があれば誰でも感染する可能性がありますが、ほとんど9割の場合は感染しても免疫力で自然排除されます。しかし、排除されずに進行してしまうと子宮と卵巣とリンパ節を全摘出しなければならず、抗ガン剤や放射線治療が必要になる場合があるので注意が必要です。

 

主に子宮頸がんは予防として女性ホルモンバランスの正常化、免疫力の強化で予防できますが、最近では性交渉を経験する前にワクチンを接種し、20代は定期的な検診を受けることが最も大切だと言われています。

 

 

  • 乳がん

 

日本女性に最も多いがんが乳がんです。現在では実に12人に1人が罹患すると言われています。乳がんは全体のおよそ7割がエストロゲンの影響で増殖力を増すホルモン依存症タイプのがんです。

 

そして乳がんで最も注意しなければならないのは遺伝的要素が強いことです。そのため、乳がんや卵巣がんが多い家系の方々は20代のうちから念のために乳腺科に相談し、検査を受けておくことが推奨されています。

 

主にエストロゲンとプロゲステロンのバランスが極端に悪い場合に乳がんは発症しやすいと言われているため、普段から天然ハーブなどをバランスをうまく調整しておくことが大切です。

 

また乳がんは早期発見であれば約9割は完治するといわれているため、乳がん検診では超音波と40代以降を対象としたマンモグラフィを併用して行うことがベストです。※乳腺密度の高い人はマンモグラフィでは乳がんが見逃されることが多くなっているため、超音波と併用するケースが増えています。

 

 

  • 産後の自己免疫疾患

 

妊娠中は女性ホルモンに守られていた体と心が産後において急激に女性ホルモンが減少することでさまざまな不調が訪れます。この中で最も注意しなければならないのが男性の10倍から30倍多いと言われる自己免疫疾患系の病気です。

 

自己免疫疾患は免疫が自分の正常な細胞や組織にまで過剰に攻撃をしておこります。その代表的なものが橋本病などの甲状腺疾患、膠原病、リウマチ、習慣流産などです。また生まれつき体が弱い人は妊娠の負荷で糖尿病や高血圧にもなりやすくなります。

 

自己免疫疾患は産後、女性ホルモンの分泌が一気にゼロになることで抵抗力が低下し、体質的に弱い部分に顕著に病気が現れます。そのため、女性ホルモンをうまく補う、バランスを整えることが大切です。

 

 

 

エストロゲンの分泌が絶好調になる成熟期だからこそ、油断できない。それがこの年代の特徴です。

 

 

バストアップにおいてはエストロゲンが優位になることでサイズアップすることがありますが、症状や病気によってはそれが弊害になる場合もあります。

 

このような時に非常に有効なのがバストアップサプリに配合されている天然ハーブであるブラックコホシュやチェストツリーです。これらは欧米では更年期障害やPMS(月経前症候群)の治療薬つまり医薬品として処方されているものです。

 

 

バストアップだけでなくこれらの年代ででる症状や病気においてもこうしたブラックコホシュなどによる女性ホルモンのバランスをうまく調整する(アダプトゲン作用)ことは25歳〜40歳までの女性にはとても重要になります。

 

 

関連ページ

26歳〜35歳(20代後半から30代前半)までにおすすめのバストアップサプリ
20代後半から30代前半(26歳〜35歳)までの女性におすすめでベストなバストアップサプリを紹介。この年齢の時期はなんといっても女性ホルモンの成熟期。ベストなサプリを選ぶことで飛躍的なバストアップが期待できます!それらを実現するバストアップサプリを紹介します♪
36歳〜40歳(30代後半〜40代前半)におすすめのバストアップサプリ
30代後半〜40代前半(36歳〜40歳)までの女性におすすめでベストなバストアップサプリを紹介。徐々に女性ホルモンの分泌量が減り始めるのがこの時期です。年齢に負けない張りのあるバストとサイズを手に入れてキープするためのバストアップサプリをおすすめします!
ブラックコホシュのバストアップ効果
アメリカやユーロなどの欧米では知らない女性はいないと言われるほど有名なブラックコホシュ。その効果?働きは?安全にバストアップしたい女性には必読の内容です!
チェストベリーのバストアップ効果
ブラックコホシュとならび2大有名天然ハーブ成分として知られるチェストベリー。その効果は?ブラックコホシュとの違いは?チェストベリーのバストアップ効果について紹介します!